2020会長所信

           令和2年度 綾部商工会議所青年部 会長所信

 

  綾部創生

 

連帯の証を力に、希望溢れる未来へ!

 

 

 綾部商工会議所青年部は、昭和56年発足以来、今年度で40年の節目を迎えることとなりました。これまで多くの先輩諸兄姉が商工会議所活動の一翼を担うなかで、商工業の繁栄ならびに地域振興に貢献をされ、伝統と歴史を引き継ぎ本日までの礎を築いてこられました。この功績に心からの敬意を表するとともに、このバトンを受け継いだ責任世代として、この組織をさらに強く成長させ、未来へと繋げていく覚悟であります。

 

 

 

「幸せになりたい」。誰もがそう願う一つの思いであり、私もそのうちの1人であります。

 

「幸せを感じる瞬間」。その定義は、人それぞれで第三者が測ることはできません。また、幸せの追求には終わりが無く、無限大に拡がっていくものであります。では、全ての人が幸せを掴もうと行動をした時に、この世の中は一体どうなるのでしょうか。私は、全てが幸せになり、素晴らしい世の中が誕生しているとは決して思いません。反対にその世の中は、私利私欲にまみれ、強者のみが利権を掴み、格差が顕著に表れた、多くの人が幸せを感じることのできない世の中へと後退していると考えます。そして、これまでの時代にはこのような背景が潜んでいたのだと私は考えます。

 

 

 

戦後の日本は、産業構造の変革に伴い経済が大きく躍進したことで高度経済成長期に入りました。多くの人が高い生活水準を手に入れ、生活の豊かさと人生の幸福を感じるようになりました。しかしその反面、エネルギー需要は拡大をし、大気汚染、自然破壊、地球温暖化といった環境問題が顕在化し、現代を生きる私たちに大きな代償として降り注ぎ、喫緊の課題として取り上げられるようになりました。やがてバブルは崩壊し、世界の先頭を競っていた日本経済も、いつしか途上国の急激な発展により陰りを見せ始め、今では追いかける立場へと戻ってしまいました。

 

 

 

今、私たち青年経済人は、社会の大きな変革のうねりのなかに立たされ、目の前に迫る新しい時代に有無を言う選択肢さえも与えられず進んでいかなくてはならない状況にあります。また、近年頻発する自然災害については目に余る被害と喪失感を与えられます。さらに、目の前には人口減少、少子高齢化、生産年齢人口の減少、人手不足と多くの問題を抱える社会があり、自身が生まれ育った故郷でさえもが消滅可能性都市だと騒がれてしまいます。このような現状に多くの人が不安を感じ日々の生活を送っているのが現実ではないかと感じております。

 

私は、これまで皆様より御支えをいただき、単会の枠を超えて多くの出向を経験させていただきました。その出向で学んだ最も大切なことは「人との繋がり」であります。人との繋がりは、ただその場に行き自分自身が求めただけでは作り出すことはできません。その関わりのなかで、如何に人格や資質を高め、そして知識と経験を積み上げ、相手から求められる人となれるかが重要な要素となります。つまりは、自分自身を成長させるきっかけを与えてくれるものであると考えます。また、人との繋がりは時として自分自身を鼓舞する源となり、足りないものを補ってくれ、自身の力を何倍にも引き出してくれます。自分1人では叶わなかったことや実現しなかったことが出来るようになり、自信と勇気をもたらしてくれます。そして、このYEGで得た人との繋がりは、自企業や私生活にも活かすことができ大きな利益を生み出してくれます。会員一人ひとりが、これまで以上に繋がりを意識した活動を心がけ、繋がることのメリットを体感することができれば、会員それぞれの成長と自企業の発展を後押し、ひいては商工業の繁栄に繋がるものであると確信いたします。

 

 

 

綾部商工会議所青年部は、40周年という節目を迎えるなかで、発足以来会員数は年々増加傾向にあり、また単会の枠を越えての活動も活発化し、組織として最も成熟した状態にあります。そして、令和3年度には第39回近畿ブロック大会を主管する単会にまで成長することができました。しかしながら、近年取り組んでいる政策提言活動、職業体験事業、婚活事業など活動の矛先を対外へ移す傾向があるにも関わらず、対外からは組織の名前さえも未だ他団体と混同をされ、さらには存在感や認知度は残念ながらまだまだ低いと感じます。これまで主に行ってきた対内向けの研修や交流の実績は数多く、対内における組織形成は一旦充足したと考えます。そこで、40周年を迎え次に目指すべき組織形成は、これまで以上に対外より必要とされる組織へと昇華することが求められると考えます。そのためにも、私たちの活動に共感を集め、その姿と成果に希望を感じて貰えるように、私たちが商工業繁栄を牽引する成長のエンジンとならなくてはなりません。

 

 

 

令和2年度綾部商工会議所青年部は、「綾部創生~連帯の証を力に、希望溢れる未来へ~」をスローガンに掲げ活動をしてまいります。これまでの40年間の活動を踏襲しつつも、会員はもとより親会、行政、地域との繋がりをこれまで以上に意識し、地域の発展、商工業の繁栄に貢献してまいります。

 

 

人は、将来へのゴールを見出し、そのゴールに向かって進み始めた時に、揺るぎない希望が溢れ出すのだと考えます。そして、その希望がこのまちに満ち溢れた時に綾部創生は実現の一途を辿り、持続的な幸福が実現するものであると確信いたします。また最後に、このように日々YEG活動に取り組めることは家族、会社、従業員の皆様の御支えがあっての事であると心からの感謝を申し上げます。1年間メンバーと共にYEG活動に邁進することで、起業家として更に成長することをお誓い申し上げます。一年間どうぞ宜しくお願い申し上げます

 

 

サマフェスあやべ特設ページ

綾部市観光ガイドHP

綾部市公式HP

リンク