2021会長所信

令和3年度会長所信

 

前進全霊

~経験を糧に未来を切り拓け~

 

 綾部商工会議所青年部は昨年40周年という記念すべき節目の年を迎えました。これまで長い年月をかけ今日の青年部の礎を築き上げてこられました諸先輩方に心から感謝と敬意を表します。そしてその歴史・伝統を引継ぎ、私たちはまた新たな一歩を踏み出してまいります。このような歴史ある会の会長職を賜り、重責に身の引き締まる思いでありますと共に、本年が良き礎となり次世代にしっかりとバトンを渡せますよう、全力を尽くす所存でございます。

 

さて、昨年より新型コロナウイルスが自企業はもとより、全世界中に猛威を振るっております。これまでの常識は常識でなくなり、これからは新しい生活様式をはじめ、目まぐるしく変化する情勢に早急な対応をしていく必要があります。青年部活動におきましても、昨年同様これまで通りの活動は制限される恐れが多大にございますが、私たちは青年経済団体として、今年度はウィズコロナの世の中に即して計画的に予測を立て、感染予防に留意しながらも活動を止めてはなりません。このような中ではございますが、本年度私たちには、日本商工会議所青年部第39回近畿ブロック大会を綾部で開催するという大業がございます。できることを模索し、そこで得た経験や知識を今後の糧とできれば、我々にとってこれから先に不測の事態が起こっても対応できる原動力となるはずです。ブロック大会には近畿各地から1,000人を超えるYEGメンバーがこの綾部の地に集い、そしてこの度、直前会長の小寺建樹君が近畿ブロック会長として出向いたします。綾部としては近畿ブロックの事務局補佐を担うべく特別委員会を立ち上げました。私たちが全員で出向者をバックアップし、他単会の仲間たちと絆を深め、綾部の魅力・綾部YEGの結束力を余すことなく発揮できれば、府外の大会参加メンバーに留まらず、地元の皆様にも綾部YEGの存在感を大いに発信できると考えております。

私は如何なる団体においても「その他大勢」という存在は不要であると考えます。「誰かがやってくれる」・「誰かに任せておけばいい」といった姿勢では、たとえ人数が増えようと大業を成すことは叶わないと思います。この大会の成功には行政・親会をはじめ近隣の青年部メンバーにも協力していただき、運営スタッフ全員が一つとなることが必要不可欠です。「前に出る人」・「内側で仕事をする人」・「裏側で下支えする人」皆それぞれの役割があり、これは決して優劣の付くものではありません。どんな役目であっても自分はその主役であるという自覚を全員が持ち、「連帯」し繋がることができれば、この大事業運営の経験が私たちの未来へ繋がる大きな糧となると確信しております。

 

 そして、私たちは一昨年から2年間で2つの政策提言を策定いたしました。本年はこの2つの提言が実現するために私たちがすべきことを模索し、実現した暁には必ず地元綾部を盛り上げていけるものに昇華させるよう、尽力しなくてはなりません。そして昨年は40周年記念といたしまして中期ビジョンの策定もいたしました。私たち青年部は「綾部共創~自企業と地域の未来を描ける組織へ~」を今後の目指すべき姿とし、「経営力向上、会員共働、持続的発展、地域協働」の4つの柱のもと活動していきます。これは今年度だけでは完成には至りませんが、最初の一歩目の年度として次年度へ良き形でバトンを渡せるよう、会全体でこの目標を心掛け各事業に取り組んで参ります。

 

 

一方、各会員それぞれが自企業・家族・PTAや消防団、また他団体での活動等、日々多忙なところに加え、昨年度から通常の単会活動に加えて近畿ブロック大会の部会活動、また出向いただいているメンバーは更に出向先での諸活動と青年部に割く時間が増大しております。日々の活動が大きな負担となっていることも事実だとは思います。しかしながら、この一年を乗り越えた経験は必ず私たちを成長させ、次年度以降の活動をより発展させる原動力と成る筈です。私たちが青年部で活動できるのは45歳までと大変限られた時間です。その中で「メンバー全員が素晴らしい仲間と出会い、良き経験を多く積んで自分の糧とし前進できる。そして自分たちの活動に誇りを持ち全霊を持って励んでいける団体でありたい。」このような思いを込め、今年度のスローガンを「前進全霊」とさせていただきました。折角縁あって青年部に在籍しているのですから、各会員がこの限られた時間の中、活動を通してその価値を最大限吸収していただきたいと思います。

 

 

 結びに、私たちが今日も青年部として活動できるのは家族や従業員の方々のご理解、親会や行政のご協力、そして諸先輩方のご指導があったからこそであります。今年度もすべての方々に感謝の心を忘れず、日々の青年部活動において会員それぞれが主役となり全霊をかけて研鑽に努めて参ります。私たちが青年経済人として前進し切り拓いていく未来が自企業をはじめ商工業の繁栄の一助となり、地域や家族への恩返しができますよう、一年間会長職に奮励努力いたします。皆様のご支援、ご協力の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

第41代会長 有道 栄作

サマフェスあやべ特設ページ

綾部市観光ガイドHP

綾部市公式HP

リンク